TO HEAD TO FOOT
blog topic

2016年もありがとうございました キャリアカウンセラー大久保智規(NPO法人エンド・ゴール理事長)曰く より

2016/12/31

皆様、本年も大変お世話になりました。

本年もエンド・ゴールはたくさんの応援をいただきながら若者支援に邁進して参りました。

とりわけ、サポステ事業における、いちのみや若者サポートステーションの2015年度の就職者数の飛躍的な向上や、知多娘。の海外での大活躍など、大きな成果を作ることが出来ました。


候補写真(7)


候補写真 (5)



2016年は雇用環境の変化やグローバル化がより加速化されている中、若者支援の形も変化を求められてきました。そのダイナミックな変化に若者たちのキャリアも大きく影響されているように思えます。

支援をしていると感じるのですが、若者たちの悩みは個々人で多様ではありますが、ある種の共通性があります。その共通性は、ひもとけばほとんどの場合、社会や地域、時代の課題と密接に結びついています。(逆にある個人の個人的な悩みや課題が、時に社会課題の解決の一助に繋がるようなヒントや創造的な何かに結びついているときもあります。)

候補写真(8)

 

就職、恋愛、生活、将来のこと、夢、挫折、人間関係

若者たちは様々なことで悩みつまずきます。 

しかし、その悩みや課題そのものが、心の中で整理されていくと、「その悩みや課題そのものが」自分自身の人生を有意義にしたり成長させる「宝」ともなります。
個人がそれを自覚し、成長していくと、彼が元々もっていた悩みが、社会をよくしていく「宝」にも変容していきます。

私たちの活動は、そんな「宝」と触れながらキャリアカウンセリングで若者たちと接している中で必要だと感じたもの、インスピレーションが生まれたことを事業にしています。

x161014 367


まだまだ地域にも日本にも世界にも、まだ見ぬ「宝」がたくさん埋まっています。

本年も微力ながらその発掘のお手伝いをして参りましたが、2017年も本年、できなかったこと、いたらなかったことの反省もふまえて、少しでも若者たちの役に立てるよう邁進いたします。

2017年も皆様よろしくお願いします。

 

キャリアカウンセラー大久保智規(NPO法人エンド・ゴール理事長)曰く

Button