TO HEAD TO FOOT
INTERNSHIP REPORT

自問自答!自分を見つめ直すきっかけ

大学・イニシャルネーム

愛知淑徳大学 メディアプロデュース学部 R・Y

エンド・ゴールってどんなところ?

たくさんの素敵な‘場’があるところ

エンド・ゴールを何で知った?

知多娘。を発案したキャリア支援団体だと学校の授業で。

担当した内容・経験したこと

フリーステーション→キャリアを考える大きなきっかけとなりました。 知多娘。イベント参加→イベントのスッタッフとしての行動を考えました。 イベント打ち合わせ参加→イベントに関わっているたくさんの人の想いを感じました。 ファシリテーション研修参加→合意形成の大切さと難しさを学びました。 地産商品・グッツ販売先訪問→1つ1つの商品のこだわり、想いが見れました。 知多娘。HP新ページ案作成→求められている情報をどう上手くまとめるかを考えました。 インターン体験レポ内容案作成→自分たちが伝えたい事、知りたい事の項目を決めました。 たくさんの方々のお話を聞く→多くの知識と多方面からの視点で考える事を学びました。

学びと変化、自己成長

インターンシップをさせていただいた1番の学びは、自分のキャリアについて考えるきっかけとなった事です。多くの人と関わり、たくさんのお話をお聞きして 自分の生涯はどうありたいのかという最終的な目的《エンド・ゴール》について考えました。まだ、明確化はしていませんが、満足な人生を送るために、今 最善だと思える事を常にしていこうと決意できました。将来について考える3年生秋、エンドゴールにインターンして前向きに考える事ができ本当によかったです。

将来、これから活かせること

自分がしたい事、また自分の好きな事には正直になり、行動に移し 常に新しい目標を持ち続け、その過程を日々大切にしていこうと思いました。

印象に残ったこと

【 いつも「それ」を何のためにやるのか前向きに考える 】    物事をする時に、そのもの自体や手法にこだわり、囚われてしまっていた事に気づき 何のためにするのかを明確にし、目的を持つ事の大切さを学びました。毎日何のためにするのか、何を学ぶのかを考えながら充実した日々を送ることができました。

興味を持っている皆さんへ一言

キャリアを考える事は、思っていたよりも自分の身近にある事だと感じました。 ぜひ1度、エンド・ゴールで自分を考える きっかけを掴んで欲しいです!

Button