TO HEAD TO FOOT
INTERNSHIP REPORT

私の心は躍りっぱなしでした!

大学・イニシャルネーム

日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 I・R

エンド・ゴールってどんなところ?

毎日が感銘する場。

エンド・ゴールを何で知った?

フリーステーションに参加したのがキッカケ

担当した内容・経験したこと

主に広報活動。その他(若者応援基金など)

学びと変化、自己成長

自分自身も含め、素直に感じたままに人・モノの美点を発見することができるようになったことが一番の成長だと思います。自分の嫌なところを肯定できるようになるのには長い時間がかかりました。大きく変わることは、そのまま書いてとても大変です。努力に見合った変化はゆっくり訪れるのだと思います。世界を見直したら毎日が、当たり前が新たな発見に変わりました。

将来、これから活かせること

私がエンドゴールで手に入れた最大の武器は、以前最大の弱点であった積極性です。これは今後あらゆる場所・場面で活きてくること間違いなしです。他の人と違う行動をすること、本気で失敗すること、それらは恥ずかしいことなどではなく、そこにこそ本当の価値があるということを体感しました。

印象に残ったこと

「Stay hungry Stay foolish」知っている方もいると思いますが、これはインターンシップ最後の日に観た、スティーブ・ジョブズの演説での最後の言葉です。どんなことにでも熱心に取り組み、あらゆることを柔軟に吸収し、誰もができない無理だと思っていることにどんどん挑戦するような、他人からバカだと言われるくらいのバカを続けることが人生のカギになる。これはエンドゴールの理念にも当てはまっています。大好きな言葉の一つです。

興味を持っている皆さんへ一言

エンドゴールはとてもアットホームな場所です。そして、どんな自分でも常に応援してくれます。今、自分に悩みがあったり、どうすればいいのか分からなくなったら立ち寄ってみてください。何かヒントが見つかると思います。そして、少しでも興味を持った方は是非フリーステーションにも来てみてください。私はそこで様々な社会人と出会いその人の人生に触れ、とても強い感銘を受けました。そこから持ち帰るものはとても多く、今後の人生で大きく役立つものとなると思います。エンドゴールは何をしているところなの?と言われると正直説明に困ります。やっていることがNPOの枠を超越していて一言では言えず、説明のしようがないことが多いからからです。ぜひエンドゴールが何をしているところなのか興味のある方は、自分の目で見て確かめてみてください。

Button